川崎市幸区の尻手駅から徒歩30秒の歯科ならシオヤ歯科へ

歯周病

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちて しまう病気です。
初期には自覚症状が乏しいため、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、歯周病が進行している可能性があ ります。かなり進行してしまっていると治療が手遅れになってしまいますし、放っておくと心臓病や糖尿病 などの全身疾患にも悪影響を与えています。また、「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」などの危険因子が重なった場合は急激に悪化する場合があります。 早期発見、早期治療が肝心ですので、気になることがある方は是非ご相談下さい。

歯と歯肉の間のミゾ(歯肉溝)にプラークがたまり歯肉に炎症がおこる。これが歯周病のはじまりです。歯肉が炎症ではれ上がるとミゾが深くなり、ポケットが できます。そしてポケット内のプラークで歯周病菌がいっそう繁殖し、歯石もできて、歯周病は勢力を増していきます。

歯周病にかかっていないか、かかっているならどの程度まで進行しているのかによって「治療・予防プログラム」は異なってきます。歯周病の進行プロセスには 4段階あり、「歯肉炎」・「軽度歯周炎」・「中等度歯周炎」・「重度歯周炎」の順に進行していきます。

歯周病は歯の土台を破壊する

歯肉炎
(歯周ポケット 2~3mm)

歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が炎症ではれて、歯肉ポケットになりました。まだ歯根膜や歯槽骨は破壊されていません。

軽度歯肉炎
(歯肉ポケット 3~5mm)

歯肉のはれが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめました。ポケットが内部に向かって深くなり、歯周ポケットになっています。プラークや歯石が歯周ポケットにたまっています。

中度歯肉炎
(歯肉ポケット 4~7mm)

炎症がさらに拡大して歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめました。歯周ポケットもさらに深くなっています。

重度歯肉炎
(歯肉ポケット 6mm以上)

歯槽骨が半分以上破壊され、歯はグラグラです。

※引用—–「歯周病をなおそう」(砂書房: 鴨井久一 編著)
「歯周病とう蝕の健康管理ファイル 患者編」(医歯薬出版: 熊谷崇 著)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 044-555-3918 9:30~17:00

川崎市 幸区のインプラント専門治療室

アクセス・診療時間

044-555-3918

〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町 3-101 尻手幸ビル2F

診療時間
午前
9:30~ 12:00
午後
14:00~ 17:00

※14:00~18:00まで
☆小児歯科16:30まで
休診日:日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら
PAGETOP
Copyright © シオヤ歯科医院 All Rights Reserved.